HOME>トピックス>意外と知られていない子宮頸がんの基本知識と予防法

意外と知られていない子宮頸がんの基本知識と予防法

検査

子宮頸がんの基礎知識

子宮がんと1口に言っても、2種類あります。1つは、子宮頸がんもう1つは、子宮体がんです。ヒトパピローマーウイルスというウイルスの感染からなると言われています。20~50代の性交渉のあるかたの80%がこのウイルスに感染するとも言われています。ただ、ウイルスに感染したからがんになるかというとすべての方ががんになるとは限りません。ほとんどのウイルスは、自然治癒力で排除されていきます。ただ、まれに細胞が変化してがんになる方もいます。子宮頸がんは、子宮の入り口にできるため初期でしたら開腹手術をすることなく、子宮の入り口から円錐手術でがんを取り除くことができるので早期発見でしたら怖がる病気ではありません。

女性

子宮頸がんを予防するには

子宮頸がんの予防は、とにかく早期に発見することが大切です。それには、定期検査が大切になってきます。今、職場などでは2年に1回の定期検査を行うようになっています。心配でしたら年に1回の検診を受けると安心です。子宮頸がんは、ウイルス感染ですが5~10年くらいかけてゆっくり進んでいくので不整出血などの症状などがあった場合は、すぐに病院に行くことがです。それと、今は10歳以上からワクチンを接種することができます。ただ、ワクチンは人によっては副作用も起こることがあるそうなので、全面的におすすめはできないと聞きました。生理や出血などで少しでも子宮頸がんと疑うことやおかしいと感じ時には、すぐにお医者さんに相談するのが大切です。